2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006年FIBAバスケットボール世界選手権
http://www.fiba2006.com/index_j.html
添付データ0820.jpg
 何だかんだで日本代表のプレイをちゃんと見たのは初めて。今までは、日本人は高さも力もないんだからスピードと運動量と外からのシュートで勝つしかないじゃんって思ってたんですよ。でもそれは間違ってました。なんでかっていうとそれらでも全て負けてたから…。
 とりあえずアンゴラ戦。第1Q終わって5点リードしてたけど、第2Qになった途端にアンゴラの動きが目に見えて変わった。ディフェンスも厳しくなり、日本の外からのシュートはことごとく外れ、中に入ればブロックされる…逆にアンゴラは3P決めまくり(5割超えてたと思う)。3Pは解説で言ってたようにたまたまかもしれないけど、それに加えてリバウンド取られまくってた。体格の違いもあるかもしれないけどスクリーンに上手く引っ掛けてたのもアンゴラ。とにかくプレイの1つ1つで相手が上回ってたと思う。
 結局30点差くらいで負けたんだけど、まあこれははっきり言って想定内でしょう。それより世界選手権にも関わらず盛り上がってないっていう方が悲しい。何の為の日本開催(誘致とかしたからなってるんだと思うんだけど)なのかがわからないし、開催国が全敗とか恥ずかしすぎるし…。JBLとBJの確執がどうのとかって問題もあるらしいけどそんなんやってる場合か?って思うよね。
 
 ちなみに甲子園決勝の裏だった事もあって視聴率も悪かったらしい。スカパー入るしかないのか。見る分にはもちろんNBAとか他国のプレイの方が楽しいんだけど、もうはっきり言って次元が違うからある意味別のスポーツみたいなんよね。ダンクやアリウープが当たり前で、それらがあくまでプレイの選択肢の1つっていうスポーツと、ちょっと狙ってみてダンク出来れば「大技決まったー!」ていうスポーツ。アンゴラが世界でどの程度の強さなのかは知らんけど、それと日本を比較することを通して世界の凄さを実感したいっつーか違う世界との距離を見たいっつーか。そんな訳だから例えダブルスコアでボコられようとも日本と世界トップレベルとの試合は見たい。決勝リーグにも行ってほしい。昨日のパナマ戦は勝ったからまだ可能性はある。3連敗のニュージーランドに勝ったら行けそうなんかな?スペインは3連勝して強そうだから負けるっぽいな…。


添付データ0820.jpg
 バスケって競技人口はかなり多いと思うんだけど、開催国のくせにこの盛り上がってなさは何だろ?NBAのプレイヤーもたくさん来てるのにね。
 まあそれはともかく日本の予選リーグ初戦はドイツに11点差で負けたそうなんだけど…録画し忘れた〜!!DVDかVHSで録画してる方いたら貸して下さい。お願いします。


SLAM DUNK
SLAM DUNK
井上 雄彦, 菅 良幸
 映画を見ても滅多に泣く事の無い僕が、これを読むとどうにも涙が出てしまうのですよ。SLAM DUNK。高校生であんなプレイはありえないとか漫画に突っ込むのは置いといて、ラストのIH2回戦の山王戦はスポーツ漫画史上最高です。作者も山王戦以上のものを書ける気がしないって言ってたとか何とか。もう累計1億冊超えたらしいしね。どんだけ印税入ってんだろとか気になったりもしますがまあそれも置いといて。
 連載終わって何年もたってるんだけどやっぱりファンは多いみたいで、とりあえず見つけたのがこれ。目立たない脇役に注目してるサイトです。
角田悟
長谷川一志
池上
武藤正

 んでもう1つがこれ。高校バスケ3大タイトルと言えば夏のインターハイ、秋の国体、冬のウィンターカップ。漫画ではインターハイで終了してます。その続きを勝手に連載してるブログです。勝手にとは言ってもなかなか良く考えられてます。(県対抗の)国体での神奈川県選抜メンバー、それに対する秋田の山王(実際に秋田県は選抜メンバーじゃなく能代オンリー)、大阪選抜、愛知選抜、プレイの描写など違和感無く読む事ができます。
スラムダンクの続きを勝手に考えてみる 目次(1〜50)
スラムダンクの続きを勝手に考えてみる 目次

 ちなみに今も連載中で、ちょうど国体が終わったところです。残念ながら桜木はリハビリ中で出ていませんが、観戦はしていたので今後登場するのは間違い無いでしょう。主役だし。


20060213_128234.JPG
 午後から百間川沿いのコートへ。んでここで友達になったK君も来て1on1とか→3人組来たから2on2→さらに高校生入れて4on4オールコート。なんだかんだで3時間くらいやった。
 その後Dさんに教えてもらったバスケサークルへ。行ってみたら先日リーグで対戦したとこでしたw(しかもほぼダブスコで負け)。みんな若いし早いし高いし上手いしゲーム形式ばっかりだし…て事で最後はバテバテ&足つる寸前でした。帰ってしばらくは動けずorz
 計5時間くらいバスケした訳ですが流石に今の疲労感はハンパじゃない。けどなかなか楽しかったな。


実は去年の12月からとあるバスケチーム(ていうかサークル?)に参加させてもらってます。んで、同じ様なチームでやってる自習運営リーグがあって、全9チームで1日に2試合ずつくらいを定期的に行ってるようです。
今日はその試合でした。

1試合目は僕が大学の時に入ってたサークル。ちなみに知ってる奴は1人もいません。最近多少は体力も復活したかなと思ってたんだけどねー…全然です。チーム自体も平均年齢高い(20代後半くらい?)し。第1クウォーターこそそんなに点差つかなかったもののその後は徐々に広がって結局38対63くらいで負けました。僕は9点だったかな。後半になると足腰ガタガタ。速攻についていけないしヘルプにもいけないし1ON1でも勝てないし。

2試合目はさらに走れず。危うくダブルスコアって感じでした。これも8点くらいかな。技術も体力も完敗です。息切れしまくりでホント情けない。

まあこんなもんかなって気もしないでもないけどとにかく、動けない→パス回らない→ボール止まる→シュート外れる→速攻出されるってパターンですね。そんなこんなでO家からスラムダンクを借りて帰りました。


マイケル・ジョーダン / HIS AIRNESS 特別版
タワレコで見かけたので買っちゃいました。
TO THE MAX同様前半はドキュメンタリーなんだけど、プレイシーンは多いです。そして後半のギャラリーにはダンク、シュート、ムーブ、アシストそれぞれのベスト10プレイがあったりしてなかなか見応えあります。
SLUM DUNKの元ネタ的なのもいくつか発見(多分)。1人抜いて空中で2人かわしてシュートとか(沢北)、空中でファールもらって後ろ向きにシュートとか(流川)。
どんなに体勢が崩れてもファールされてもシュートを決めて勝とうとする、その執着心が本当に凄い。とにかく負けず嫌いなんだろうな。
ちなみにこれだけ見るとブルズの他のメンバーがショボく思えてしまうけどw実際はそんな事無かったですよ。2度目の引退までしか収録されてないけどこれ見たらジョーダンの凄いプレイは一通り見たって気になると思います。


MICHAEL JORDAN TO THE MAX
正月は初売り!…とは多分関係ないんですがDVDを買ってみました。
田臥を知らない人でもジョーダンは知ってるでしょ。アメリカは知らんけど日本でのバスケ(NBA)人気はやはりこの人からだと思うのです。僕は当時中学だったんだけどそん時に知りました。バルセロナ五輪のドリームチームとか、ジャンプのSLAM DUNKとか、NIKEのAIR JORDANとか。BSでもNBAの試合は見てたけどやっぱジョーダンがボールを持つと目が離せなかったですね。
んで中学は野球部だったけど高校ではバスケ部に入って3年間立派に…ベンチを暖めました。弱小チームが相手の時以外は。
まそれはともかくDVDは面白かったです。プレイ満載って訳ではなく、主にブルズ最後の年、97-98のプレーオフを中心としたドキュメンタリー。やっぱジョーダンは偉大です。プレイは勿論なんだけど、バスケに対する考え方とかもやっぱり尊敬できるし、「神」と呼ばれるにふさわしいプレイヤーだったんだと思います。
ジョーダンに関しては
Yahoo!ブログ - Forever 23☆ -love of the game-
ここを見るとより凄さが分かるんじゃないかと。